看護師の残業問題

常に忙しいイメージがある看護師ですが、実際スムーズに帰宅出来ない人は大勢います。1日の残業時間は平均約2時間で、月にすると約40時間を超えるデータもある程です。これはもちろん病院や仕事内容によっても違いますが、定時で上がれない現状があるからこの平均が出ているという事実に変わりはありません。

残業になってしまう理由には、看護記録や急患受け入れ、医師の指示待ち等が挙げられます。更にインフルエンザや流行風邪の時期は、普段より外来患者が増えるのでその分帰宅時間が遅くなる傾向もあります。当然残業代はしっかり貰えるかと思いきや、病院によっては給与に反映しない、いわゆるブラックと言われるような職場もあります。そうした場合には、しっかりと給与に反映される職場に転職するのも、一つの手です。病院の中にはきっちりと分単位で給与に反映される職場もあり、反映されない職場で働き続けるのとでは収入に差が出ます。その為、給与面に納得を求めるのであれば、転職がおすすめです。

しかし、今の職場でそのまま働きたいというのであれば、定時に上がれる様、仕事の仕方を工夫しましょう。例えば、引き継ぎ時間間際に用を残すと他に急用が入った時、時間内で仕事が終わらなくなってしまう為、仕事の効率を上げて早め早めに行動するようにしましょう。更にそれを職場全体で心がける事で、職場全体の効率が上がるうえ、皆が定時に上がる意識を持てば帰りにくいという雰囲気が作られなくてすみます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です